ノックアウトオプション手法研究

2回目にして背水の陣 研究員見習い西澤のノックアウトオプション日記(2020年2月3日〜2月8日)

ノックアウトオプションの口座開設

こんにちは。
ノックアウトオプション研究所、研究員見習いの西澤です。

1月末から始めたノックアウトオプション実戦、今回は2月3日〜2月8日のトレード結果の報告になりますが、本音を言えば、報告したくありません。

トレード結果:2020年2月3日〜2月8日

ブルさわトレード結果2月3日〜2月8日その1 ブルさわトレード結果2月3日〜2月8日その2 ブルさわトレード結果2月3日〜2月8日その3 ブルさわトレード結果2月3日〜2月8日その4

こんな感じです。

31回トレードして13勝18敗。16,271円のマイナス……。

証拠金残高は、55,287円から一転、1週間で31,097円となりました。

惨敗の一言です。

ノックアウトオプションのメリットが裏目に

今回の敗因を私なりに分析しますと、自制心の無さ、この一言に尽きると思います。

ノックアウトオプションは、設定したノックアウトレベルによって決まる最大損失額が口座にあれば取引できちゃうわけですが、これは最大の魅力であると同時に私にとっては諸刃の剣になることがわかってしまいました

資金5万円もあればノックアウトオプションの場合、2ロット(2万通貨)で数ポジション取れてしまうわけです。同じ資金量でFXではそんなことできません。

このノックアウトオプションの魅力そのものが、私のようにメンタルが崩れやすいタイプは、すごく危険だな、と思い知ったんですね。

振り返ってみますと……、

2月3日の3連敗

前週の利益を一気に吐き出したものの、この時点では平常心をキープ。よくあることです。

2月4日の2ロットで3連敗

この日気持ちよく4連続利食いできたことによってロット数を1→2に繰り上げてみた直後の3連敗。この辺りから体が熱くなってきた記憶があります。この日から2ロットがデフォルトに(FXでは0.1〜1ロットばかりです)。

2月5日のGBP/JPYベア(下落)KO@14260

確かこの日の夕方でした。音が聞こえてくるくらい1分足のローソク足が動いていたので飛び乗ってみたところ、そのタイミングで反転(よくある)。瞬く間にノックアウトレベルにローソク足がタッチしたんです。その瞬間ですかね、私のメンタルが崩壊したのは。
その直後に怒涛のエントリーラッシュをしかけて全敗(マイナス18,837円)。証拠金は22,872円まで落ち込みました。

2月5日、7日のEUR/USDベア(下落)

背水の陣で起死回生の一手となったのが、EUR/USDベアでした。

実はFX口座の方で売りポジションを1月20日から保有中でして、狙い通りでまあまあ利益が乗っていたんです。それで指値決済の価格までは下がり続けるだろうという思惑からのEUR/USDベアの一手(半分投げやりで)。それがうまく決まりました。

ユーロドルがいてくれなかったら、おそらく次週に一発逆転のハイレバ勝負を仕掛けて一瞬で資金を全額失っていたでしょう。

西澤流、指値・逆指値の注文方法

IG証券スマホアプリのチャート

FXとノックアウトオプションとの違いはいくつかありますが、その中で戸惑ったものの一つが「指値・逆指値の注文」でした。

私はFXで注文変更する際に「価格」を入力していたので、ノックアウトオプションの「ポイント値幅」で入力する仕組みだと、頭の中でちょっと計算しなくてはならず、それが面倒でした。指値逆指値の幅を固定していた売買ルールの人は全く問題のないことなんですが、できることならノンストレスでトレードできるのが理想です。

そこであれこれ試してみた結果、いまは

  1. 指値逆指値を適当に入力して注文確定
  2. 注文確定後にチャート画面をタップして希望の指値逆指値に設定し直す

という流れでトレードしています。逆指値(損切り)の価格をずらすことはFXでもしばしばやっていますが、入力のお手軽さはMT4のスマホアプリと同じくらいです。チャート上で操作できるのって便利なんですね。

過去に「損切り逆指値注文」の入れ忘れで手痛い失敗を犯したことのある私は、新規注文時に利食いと損切りの注文を同時に入れるのを意識的にやっていますが、(1)の操作を省いてしまっても問題ないと思います。

次週から本気出す

私の悪い癖(トレードしたがる、負けが続くと熱くなる、ルールを捻じ曲げる)をすべて出しきることのできた1週間でした。この週で資金を溶かしきる覚悟を決めたものの、なんとか生き残ることができてよかった。いやあ、トレードって本当に難しいですね!

ノックアウトオプショントレード全記録

日付 内容 ロット数 損益(日本円)
1 1月29日 AUD/USDベア(下落)KO@6770 1 1,629
2 1月29日 AUD/USDベア(下落)KO@6770 1 1,628
3 1月30日 AUD/JPYベア(下落)KO@7340 1 -1,330
4 1月31日 AUD/JPYベア(下落)KO@7315 2 4,000
5 1月31日 EUR/GBPベア(下落)KO@8435 1 -2,585
6 1月31日 EUR/GBPベア(下落)KO@8430 1 2,135
7 1月31日 GBP/JPYブル(上昇)KO@14260 1 1,940
8 1月31日 EUR/JPYブル(上昇)KO@12010 1 -2,130
9 2月3日 AUD/USDベア(下落)KO@6695 2 -2,353
10 2月3日 EUR/GBPベア(下落)KO@8425 1 -2,353
11 2月4日 AUD/USDベア(下落)KO@6705 2 -3,103
12 2月4日 NZD/USDベア(下落)KO@6475 1 974
13 2月4日 NZD/USDブル(上昇)KO@6445 1 1,028
14 2月4日 EUR/GBPブル(上昇)KO@8460 1 2,815
15 2月4日 GBP/JPYベア(下落)KO@14180 1 920
16 2月4日 AUD/JPYベア(下落)KO@7305 2 -2,040
17 2月4日 GBP/USDベア(下落)KO@13000 2 -3,475
18 2月4日 AUD/JPYベア(下落)KO@7320 2 -3,360
19 2月4日 EUR/USDベア(下落)KO@11070 1 163
20 2月4日 NZD/USDベア(下落)KO@6475 2 -2,565
21 2月5日 EUR/GBPベア(下落)KO@8495 2 3,034
22 2月5日 NZD/USDベア(下落)KO@6480 2 -3,263
23 2月5日 GBP/JPYベア(下落)KO@14260 2 -6,880
24 2月5日 GBP/JPYベア(下落)KO@14270 2 -3,980
25 2月5日 EUR/JPYブル(上昇)KO@12080 2 -3,520
26 2月5日 EUR/GBPベア(下落)KO@8455 2 -4,457
27 2月5日 EUR/USDベア(下落)KO@11060 2 6,576
28 2月5日 AUD/JPYブル(上昇)KO@7420 2 -2,960
29 2月6日 GBP/USDベア(下落)KO@13000 2 3,824
30 2月6日 EUR/AUDベア(下落)KO@16310 2 -2,400
31 2月7日 GBP/USDベア(下落)KO@12980 2 1,313
32 2月7日 USD/JPYベア(下落)KO@11000 2 -2,380
33 2月7日 GBP/JPYブル(上昇)KO@14200 2 -2,220
34 2月7日 AUD/JPYベア(下落)KO@7390 2 1,180
35 2月7日 NZD/USDベア(下落)KO@6715 2 2,252
36 2月7日 EUR/USDベア(下落)KO@10990 2 1,672
37 2月7日 EUR/USDベア(下落)KO@11000 2 4,000
38 2月7日 AUD/USDベア(下落)KO@6680 2 -2,292
39 2月8日 AUD/JPYベア(下落)KO@7330 2 -340
結果 -18,903
資金(2/8時点) 31097
ABOUT ME
西澤(研究員見習い)
西澤(研究員見習い)
複数のFXメディアの運営に関わる中で投資に興味を持つようになったフリーライター兼編集者兼マーケッター兼コピーライター。FX業界歴4年。勝ち組FXトレーダーに弟子入り中。ノックアウトオプションの魅力を広めるべく研究所見習いとなる。
IG証券でノックアウトオプションの口座を開設
IG証券で口座開設

FXを圧倒的に上回る驚異の資金効率と、必ずノックアウトレベルで損切りされる安心設計で、現在ユーザー急増中のまったく新しいFXの取引スタイル、ノックアウトオプション。少ない資金からでも大きな資産を築ける可能性を秘めています。

⇒IG証券でノックアウトオプションの口座を無料で開設